供養

お墓は何のために?

亡くなった家族の命日とお盆やお彼岸に欠かせないお墓参り。墓をきれいにして花を捧げ線香とローソクをあげて故人の冥福を祈る。それが昔から日本人に根づいた供養のあり方でしょうか。しかし、現代は墓に対する価値観ががらっと変わりつつあります。そもそも […]

お斎(とき)とは?~その供養の心~

葬儀の後や四十九日の「精進落とし」をはじめ、さまざまな法要の後に僧侶や親類縁者、あるいは世話役の方たちと共に会食をします。それは、故人の思い出話をしたり、久しぶりに再会した親戚とつながりを確認し合ったりするひととき。同時に、会食にはそうした […]

年忌供養

近親者が亡くなると、忌明けの後も、日々、位牌や写真に花や線香をあげる方は多いでしょう。歳月は確実にすぎてゆき、悲しみは少しずつ癒えていきます。そうした中で遺族は年忌供養として一周忌を迎え、やがて三回忌を迎えます。生活習慣や家族の形が変わり、 […]

お地蔵さんって何?

子どもの頃の夏はプールや海辺のスイカ割りや楽しいことがいっぱい。その中で浴衣を着て遊んだ8月の地蔵盆は多くの人にとってひときわ懐かしい思い出でしょう。その中心にいらっしゃるのがお地蔵さん。そもそも、お地蔵さんとは何なのでしょうか。 赤い前掛 […]